ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

ファン・ゴッホ(1853-1890)と日本の関係に焦点をあてた展覧会。
ファン・ゴッホが日本に関する文献や浮世絵を通して思い描いた理想郷としての〈日本〉と、
日本の芸術家や知識人による聖地オーヴェール巡礼を通して築かれた
〈ゴッホ〉という夢の交差をひも解き、
今もなお絶大な人気を誇る画家の魅力を紹介します。
あわせてコレクション・ギャラリーでは京都限定企画として、
大阪を拠点に活躍する現代美術家・森村泰昌によるファン・ゴッホ関連作品を展示します。
会 期:2018年1月20日(土)~ 3月4日(日)
場 所:京都国立近代美術館…京都市左京区岡崎円勝寺町
開館時間:午前9時30分~午後5時
                   ただし金曜、土曜は午後8時まで開館
                  *入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日
               (ただし、2月12日(月・休)は開館し、2月13日(火)は閉館)
入館料:一般 1,500円 大学生 1,100円 高校生 600円
≪お問い合わせ:京都国立近代美術館≫
TEL:075-761-4111
URL:http://www.momak.go.jp/
◆ゴッホ展関連展示
「森村泰昌、ゴッホの部屋を訪れる」
会期:2018年1月19日(金)~3月4日(日)
会場:京都国立近代美術館 4階コレクションギャラリー
--------------------------------------------------------------
◆ギャラリートーク
日時:2月17日(土)午後6時~7時
会場:京都国立近代美術館 3階企画展示室
講師:牧口千夏(京都国立近代美術館 主任研究員)
定員:先着20名(当日午後5時より1階受付にて整理券を配布します)
参加費:無料(本展の観覧券が必要です)
--------------------------------------------------------------
◆紙芝居「ぼくはフィンセント・ファン・ゴッホ」上演会
ゴッホの生涯をえがいた紙芝居を通して、展覧会をより深く楽しんでみませんか?
紙芝居「ぼくはフィンセント・ファン・ゴッホ」 絵:たんふるたん
日時:2月12日(月・振休) 午前11時~(20分程度)
会場:京都国立近代美術館 1階ロビー
演者:庄崎真知子(劇団 銅鑼)
対象年齢:小学3年生以上、大人まで

Copyright © 2013 mediaplan & mediaplan murakami office co.,ltd. All Right Reserved.