京都五山送り火

夏の夜空にくっきりと浮かび上がる「五山の送り火」は、
祇園祭と並び京都の夏を彩る風物詩として全国的にも有名です。
送り火は、再び冥府(死後の世界)に帰る精霊を送る
という意味をもつお盆の行事で、
護摩木に自分や家族の名前を書いて無病息災を祈ります。
納められた護摩木が、当日焚かれます。
「五山の送り火」は東山如意ヶ嶽の「大文字」がもっともよく知られ、
ほかに松ヶ崎西山・東山の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、
金閣寺付近大北山の左大文字山の「左大文字」及び
嵯峨の仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」の五つを指します。
--------------------------------------------------------------
日 時:2017年8月16日(水)
             午後8時~順次点火(点火時間は各山約30分間)
お問い合わせ:
京都総合観光案内所 京なび 075-343-0548
京都市文化芸術都市推進室文化財保護課 075-366-1498
URL:http://www.kyokanko.or.jp/okuribi/(京都市観光協会)
            http://www.gozan-okuribi.com/(京都五山送り火連合会)
●各山の点火時間
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【大文字送り火】 (東山如意ヶ嶽)─ 20時
--------------------------------------------------------------
京都市東部、東山三十六峰に属する如意ヶ嶽の支峰・大文字山にあります。
大文字は五山送り火に二山あり、左大文字との対比で
右大文字とも呼ばれます。
山麓には銀閣寺、法然院等の名刹が連なっています。
19時から山上の弘法大師堂で灯明がともされ、般若心経があげられます。
その後この灯明を親火に移し、合図により一斉に送り火が点火されます。
大文字は市内のどこからでも眺望できる位置ですが、
如意ケ嶽が、相国寺の領地であったためこの寺の方を正面に照らしたともいわれ、
あるいは足利家が最も眺めのよいように―条通を正面にしたとか、
又、京都御所の池泉にうつるようにしたとの諸説があります。

【松ヶ崎妙法送り火】 (松ヶ崎西山・東山)─ 20時5分
--------------------------------------------------------------
京都市北部、松ヶ崎の西山と東山に妙法が灯ります。
西山の万灯篭山に「妙」、東山(大黒天山)に「法」の字があり、
「妙」は日蓮聖人の孫弟子日像上人、
「法」は後世に日良上人が書いたと伝えられています。
涌泉寺及び妙円寺の各寺の檀家の人々は、
当日朝墓参し送り火の点火により先祖の精霊を送ります。
点火の際、「妙」の山で読経が行われ、送り火終了後、
ふもとの涌泉寺では「題目踊」「さし踊」が行われます。

【船形万燈籠送り火】 (西賀茂船山)─ 20時10分
--------------------------------------------------------------
船形万燈籠は、京都の北西、西賀茂に位置する
妙見山(通称船山)と呼ばれる山に灯ります。
当日朝早くから、山の麓の3ヵ町―55軒の旧家より
年寄・中老・若中ら約50人が西方寺に集り、
割木などが山上へはこばれ点火準備が行われます。
やがて西方寺の鐘を合図に点火され、
西方寺住職の読経が行われます。
送り火終了後、西方寺で六斎念仏が行われます。

【左大文字送り火】 (衣笠大北山左大文字)─ 20時15分
--------------------------------------------------------------
左大文字は、左大文字山に灯され、京都北区に位置します。
左大文字山の麓には、金閣寺があります。
左大文字山は、岩石が多くて火床が掘り難いところから、
以前は篝火を燃していましたが、
現在はコンクリートで石を固めた火床を使っています。
16日午後7時頃、在所の菩提寺である
法音寺の門前通りで門火(篝火)を焚き、
先祖の霊を菩提寺ヘ導きます。
送り火の親火台で護摩木が焚かれ
先祖の霊をなぐさめる点火法要が行われ、
その火で親火松明と手松明がともされて、
山上へ運ばれ、山上の送り火が点火されます。

【鳥居形松明送り火】 (嵯峨曼荼羅山)─ 20時20分
--------------------------------------------------------------
鳥居形松明は京都の西、嵯峨の曼荼羅山に灯されます。
点火方法は以前は地面に打込んだ杭に青竹を結びつけて立てておき、
やがて時間がくると、太鼓を合図に
あらかじめ燃やしてある親火の所で松明に灯を移し、
それをもって一斉に各火床へ走り、青竹に突き差していましたが、
現在では、鉄製受皿火床に松明をつきさして点火します。
16日午前8時頃山の麓の会議所から山上へ薪が搬ばれ、
午後4時頃から再び送り火の点火準備が行われます。
鳥居形の松明は、松の根の部分(じん)を束にしたものを縦に組んで立てます。

※点火時間は各山とも約30分間の予定です。
※気象条件によっては点火時刻を変更する場合もあります。

●送り火のよく見えるところ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【大文字送り火】   賀茂川(鴨川)堤防 / 丸太町橋~御薗橋の間
【松ヶ崎妙法送り火】 妙:北山通 / ノートルダム女学院付近
法:高野川堤防 / 高野橋北付近
【船形万燈籠送り火】  北山通 / 北山大橋から北西
【左大文字送り火】 西大路通 / 四条以北~金閣寺にかけて
【鳥居形松明送り火】  松尾橋・広沢の池など
【全 山】  船岡山公園頂上(ただし鳥居形は見えません。)
●護摩木の受付
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【大文字送り火 (東山如意ヶ嶽)】
--------------------------------------------------------------
場所:銀閣寺門前
日時:15日 正午~19時頃 / 16日 6時~14時頃

【船形万燈籠送り火(西賀茂船山)】
--------------------------------------------------------------
場所:西方寺門前
日時:8月3日~15日(4・8日は除く) 8時~16時 / 16日 8時~10時

【左大文字送り火(衣笠大北山左大文字山)】
--------------------------------------------------------------
場所:金閣寺門前
日時:6日 9時~14時半 / 15日 9時~15時頃 / 16日 7時00分~14時

【鳥居形松明送り火(嵯峨曼荼羅山)】
--------------------------------------------------------------
場所:化野念仏寺駐車場
日時:13日~15日 10時~16時 / 16日 9時~15時

※受付時間はあくまで予定です。護摩木はいずれも300円で、なくなれ
ば早く終了する場合もあります。
-----------------------------------------------------------------
日 時:2017年8月16日(水)
             午後8時~順次点火(点火時間は各山約30分間)
お問い合わせ:
京都総合観光案内所 京なび 075-343-0548
京都市文化芸術都市推進室文化財保護課 075-366-1498
URL:http://www.kyokanko.or.jp/okuribi/(京都市観光協会)
            http://www.gozan-okuribi.com/(京都五山送り火連合会)

Copyright © 2013 mediaplan & mediaplan murakami office co.,ltd. All Right Reserved.