2019年7月 ~ 京の風物詩 ~

嵐山鵜飼
毎年行われる嵐山の夏の風物詩で、その歴史は古く嵐山の鵜飼は千年の昔から行われていました。
鵜匠が風折烏帽子(かざおれえぼし)に腰みのの昔ながらの装いで船上から手綱を引き、数羽の海鵜を飼いならして鮎などの川魚をとる伝統的な漁法で行われています。かがり火の中、屋形船から嵐山の夜景と鵜飼を楽しんでいただけます。

開催期間 : 7月1日~9月23日 (8月16日は貸切船のみの運航の為、乗合船の出船はございません)
所要時間 : 約60分
出船時間 : 7/1~8/31 19:00と20:00の2回 9/1~9/23 18:30と19:30の2回
場所‥嵐山(渡月橋付近)
乗船料金 : 大人1,800円 小人(4歳~12歳)900円 幼児(3歳まで)無料
(各出船時間の1時間前より、乗り場にて当日券を販売致します)
予約受付 : 団体様のみご予約受け付けております。
*浴衣着用の方に限りオリジナルあぶらとり紙を進呈します。
問合せ先:嵐山通船株式会社 TEL(075)861-0302
HP:http://arashiyama-yakatabune.com/

京の七夕
京の七夕は、2010年(平成22年)から行われて「一年に一度、願いごとをする」という古来からの七夕の節句の伝統を継承し、伝統産業や和装の振興などを目的に京都での現代版・七夕まつりとして開催されています。
日程・場所・時間
二条城・・・2019年8月1日~15日19:00~21:30(受付21:00終了)
梅小路公園・・・2019年8月2日~12日19:00~22:00
鴨川河川敷・・・2019年8月3日・4日19:00~21:30(4日19:00~21:00)
堀川遊歩道・・・2019年8月10日~12日18:00~21:00
北野天満宮・・・2019年10日~12日・16日~18日日没~21:00
詳細はHP…「京の七夕」http://www.kyoto-tanabata.jp/

京都の大文字焼
京都の大文字焼きは、葵祭、祇園祭、時代祭とともに京都の四大行事のひとつとされている伝統文化で「大文字焼き」や「大文字の送り火」という名で知られていますが、五つの山で火を点火させるので「五山送り火」と呼ばれています。
お盆の期間に迎えた「お精霊(しょうらい)」と呼ばれる先祖の霊をあの世へと送るための大切な儀式です。毎年沢山の観光客や地元の人で賑わいます。

2019の点火時間
大文字(大文字山)…20:00
妙法(西山、東山)…20:05
船形(船山)…20:10
左大文字(左大文字山)…20:15
鳥居形(曼荼羅山)…20:20
 

嵐山鵜飼

京の七夕

京都の大文字焼

Copyright © 2013 mediaplan & mediaplan murakami office co.,ltd. All Right Reserved.