2019年7月 ~ 祇園祭 ~

祇園祭は八坂神社のお祭りで、大阪の天神祭、東京の神田祭と並び、日本三大祭のひとつに数えられます。古くは、祇園御霊会(ごりょうえ)と呼ばれ、貞観11年(869)に京の都をはじめ日本各地に疫病が流行したとき、平安京の広大な庭園であった神泉苑に、当時の国の66ヶ国にちなんで66本の矛を立て、祇園の神を祀り、さらに神輿を送って、災厄の除去を祈ったことにはじまります。
祇園祭は、7月1日の「吉符入」にはじまり、31日の境内摂社「疫神社夏越祭」で幕を閉じるまで、1ヶ月にわたって各種の神事・行事がくり広げられます。
八坂神社の神事「神輿渡御」は神幸祭が7月17日、還幸祭が24日に行われます。7月10日の神輿洗式に始まり、御神霊がうつされた神輿は、17日の山鉾巡行の後、夕刻に八坂神社を出発し、夜に四条寺町の御旅所に入ります。24日まで滞在し、山鉾と花傘の巡行の後、夜遅く八坂神社に戻ります。御神霊を神輿から本殿に還し、28日の神輿洗式で神輿行事は終わります。
全33基の山鉾のうち29基は、重要有形民俗文化財に指定され、その後「山鉾行事」が、国の重要無形民俗文化財に指定され、さらにユネスコの無形文化遺産に登録されました。山鉾は美しい綴織、絨毯、タペストリーなどの美術品で飾られ、山鉾巡行は動く美術館とも言われ、迫力満点です。山鉾巡行の前日までの3日間を宵山と呼び、各山鉾町では山鉾を飾り、祇園囃子が奏でられます。宵山を満喫するのも祇園祭の楽しみの一つでしょう。
2019年日程
期 間:2016年7月1日(金)~7月31日(日)
前祭 山・鉾建て
7月10日(水)~14日(日)
前祭 山鉾曳き初め
7月12日(金)・13日(土)
前祭 宵山
7月14日(日)~16日(火)
前祭 山鉾巡行
7月17日(水)
後祭 山・鉾建て
7月18日(木)~21日(日)
後祭 山鉾曳き初め
7月20日(土)・21日(日)
後祭 宵山
7月21日(日)~23日(火)
後祭 山鉾巡行
7月24日(水)
花傘巡行
7月24日(水)
疫神社夏越祭
7月31日(水)
 

祇園祭 https://ja.kyoto.travel/event/major/gion/

Copyright © 2013 mediaplan & mediaplan murakami office co.,ltd. All Right Reserved.