京都の観光情報先取り! ■平安京■

このサイトについて

 ▼

京の歳時記 ~ 2016年8月 ~

京都の歳時記
京都と花の四季
京都の年間行事

六道まいり(ろくどうまいり)

六道まいり(ろくどうまいり) 六道珍皇寺
8月7日〜10日
■鐘をつき先祖の霊を迎えるお盆の行事■
六道珍皇寺の辺りは平安時代に野辺の送りをした鳥辺野の入口であったため、「六道の辻」と呼ばれていました。六道とは6種の冥界のことで、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上界をさします。8月7日〜10日の盂蘭盆会には大勢が訪れ、「迎え鐘」をついて先祖の霊を迎えます。参道には露店が並び、近くの五条通では陶器市も開かれて賑わいます。

六道珍皇寺
075-561-4129


五条坂 陶器まつり(ごじょうざかとうきまつり)

五条坂 陶器まつり(ごじょうざかとうきまつり) 五条坂(東大路〜五条大橋)
8月7日〜10日
■京都の夏の風物詩■
清水焼発祥の地、五条坂で開催される陶器市。坂の両側に全国各地から集まった作家や業者など約400もの露店がぎっしり並び、焼き物ファンなら一度は訪れたい国内最大級の市です。市価よりお買い得になっており、掘り出し物を求める人々がつめかけます。六道珍皇寺の六道まいりの人も加わり、朝から夜遅くまで大にぎわいに。
【陶器市は午前9時頃から午後10時まで。8日は五条坂の途中にある若宮八幡宮で若宮陶器大祭が行なわれます。】

五条坂陶器祭運営協議会
075-541-1192(音声ガイド)
http://www.toukimaturi.gr.jp


千日詣り・宵詣り(せんにちまいり・よいまいり)

千日詣り・宵詣り(せんにちまいり・よいまいり) 清水寺
千日詣り9日〜、宵詣り14日〜16日
■千日詣ったと同じ功徳が授かる日■
千日詣りは観音さまの最大の功徳日のお詣りで、平安時代に行なわれた千度詣りから発展しました。昔から夜にお詣りする人が多かったことにちなみ、14日〜16日の3日間は夜も拝観できます。また、通常は入れない本堂内々陣が特別公開になり、本尊ご宝前に献灯も可能。秘仏の本尊と両脇侍は非公開ですが、見応えのある風神・雷神像と二十八部衆の仏像郡を拝観できます。
【9日〜16日の間、千日詣りのお守り札が授与されます。14日〜16日の夜の宵詣りと特別拝観は午後7時〜午後9時(受付終了)】
拝観料 400円


清水寺
075-551-1234


盂蘭盆万灯供養会(うらぼんまんとうくようえ)

盂蘭盆万灯供養会(うらぼんまんとうくようえ) 壬生寺
8月9日〜16日
■先祖の霊を迎えるお盆の行事。■
先祖の霊を供養するために、9・10日は迎え鐘をついて精霊を迎え、16日は送り火を焚いて、精霊を送ります。お盆の間は、戒名を書いた約1000個の灯籠が本堂前に点灯され、千本仏塔の石仏前には約1000個の蝉燭球が点灯されます。また、楽しい六斎念仏が奉納され、大勢の見物客が集まります。
【万灯供養会での点灯は、日没から午後9時頃まで。六斎念仏の奉納は、9日壬生六斎念仏(午後8時〜)・16日は中堂寺六斎念仏(午後8時30分〜)です。】

壬生寺
075-841-3381


花脊松上げ(はなせまつあげ)

花脊松上げ(はなせまつあげ) 花脊八桝町
8月15日
■洛北に伝わる勇壮な火の祭典■
五穀豊穣の祈願とお盆の送り火、火災予防をかねた伝統行事。川原や渓谷に、高さ20mの灯籠木を中心に1000本の松明(地松)を立て、午後9時にいっせいに点火。炎に照らされ一面が輝きます。さらに、点火した小さな上げ松明を灯籠木の先端めがけて投げ入れ、点火させます。灯籠木を倒す瞬間も大迫力。炎の美しさが印象的な行事です。出町柳駅前からバスで約2時間かかり、路線バスでの日帰りはできません

左京区役所 花脊出張所
075-746-0215 (平日のみ)


京都五山送り火

京都五山送り火 京都五山
8月16日
■やさしい心で見送りたい夏の炎■
送り火は、8月7日から迎えた精霊を再び冥土に送るという、盂蘭盆会の行事です。夏の夜空にまず東山の大文字に火が点り、炎の点がみるみる線となって「大」の字があざやかに浮かび上がります。次々と5つの送り火が点火され、それぞれ30分ほど燃え続けます。
【点火時刻は大文字:午後8時、妙法:午後8時5分、船形:午後8時10分、左大文字:午後8時15分、鳥居形:午後8時20分。強風などの気象条件によっては時刻が変更されることもあります。ビューポイントは、鴨川べり、将軍塚(無料)、青蓮院大日堂庭園(有料)など。】

京都総合観光案内所 京なび 075-343-0548
京都市文化芸術都市推進室文化財保護課 075-366-1498
http://www.gozan-okuribi.com/


嵯峨天皇祭(さがてんのうさい)

嵯峨天皇祭(さがてんのうさい) 梅宮大社
8月28日
■祭をにぎわす伝統芸能の六斎念仏■
六斎念仏は、約千年前に遡る空也上人の念仏踊りが起源です。長い間に地唄や長唄、獅子舞、演技性なども加わり、庶民の娯楽として楽しまれてきました。嵯峨天皇をまつる例祭では、夜に梅津六斎念仏を上演。夕方からは夜店も並び、梅津六斎念仏に続いて盆踊りも行なわれ、行く夏を惜しむ大勢の人々でにぎわいます。
【梅津六斎念仏は午後7時〜、盆踊りは午後8時〜】

梅宮大社
075-861-2730


 ▼ 今月のピックアップ!
~~歩いちゃいました!東山ぜいたくコース!~~
1月は「いぬ」という通り、早いものでもう2月です。
少しずつ春に近付いているのかな、とは言え、、
一番底冷えする時期でもありますね。
でも、冬至を境に、少しずつ、少しずつ
日が長くなっているのを感じます。

5回シリーズでお送りしています「歩いちゃいました!東山!」
最終回の今回は、「歩いちゃいました!東山ぜいたくコース!」。
 (参考:東山区役所発行「東山車いす観光散策マップ」)

海外からのお客様も「Oh!JAPAN!KYOTO!」と満足してくれる、
まさに「京都!!」というコースです。

「東山ぜいたくコース」是非、散策してみて下さい!
 
過去の掲載記事
歩いちゃいました!東山ぜいたくコース!(2017.2)
歩いちゃいました!東山緑の散歩道コース!(2017.1)
歩いちゃいました!京の伝統・清水焼コース!(2016.12)
歩いちゃいました!東山開運コース!(2016.11)
歩いちゃいました!東山・舞妓さんお気に入りコース!(2016.10)
歩いちゃいました!秋の京都(2016.9)
夏の風物詩〜鴨川納涼床〜(2016.8)
祇園祭〜「動く美術館」山鉾の懸装品〜(2016.7)
夏の風物詩・床へおこしやす!〜鴨川納涼床〜(2016.6)
今、梅小路が面白い!(2016.5)
歩いちゃいました!桜どころ(2016.4)
歩いちゃいました!梅どころ(2016.2)
歩いちゃいました!酒どころ・伏見(2016.1)
歩いちゃいました!kirakiraイルミの街!(2015.12)
満喫しちゃいました!空からの紅葉!(2015.11)
歩いちゃいました!時代祭コース!(2015.10)
日本酒でまったり、ほっこり!(2015.9)
》》バックナンバー
 
平安京Manager
あなたも平安京に情報を掲載してみませんか?

京都に関する企業・お店・寺社の方なら、どちらさまも無料で平安京にご登録いただけます!
初めてご利用の方はこちらから
ユーザーの方はこちらから
平安京MANAGERとは?
平安京メルマガ
京都がもっと好きなる!京都から発信・京都情報!
》》もっと詳しく  》》バックナンバー

購読無料。メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。
平安京掲示板
こっそり教えてあげたい京都穴場情報、生の京都情報へこだわるあなたの為の情報交換の場所です。
観光情報掲示板
タウン情報掲示板
フリートーク掲示板