京都の観光情報先取り! ■平安京■

このサイトについて

 ▼

京の歳時記 ~ 2016年3月 ~

京都の歳時記
京都と花の四季
京都の年間行事

雛祭(ひなまつり)

雛祭(ひなまつり) 宝鏡寺
3月1日
■門跡寺院の気品が漂う雛まつり■
宝鏡寺は歴代皇女が住持となった格式高い門跡寺院で、かつては「百々の御所(とどのごしょ)」と呼ばれていました。宮様ゆかりの人形や品々を数多く所蔵し、「人形の寺」として有名です。午前11時から雛飾りのある本堂で、雛祭が催され、島原太夫伝統の舞を披露。雅な文化をいまに伝える尼寺らしい雛まつりです。
【恒例の春の人形展は3月1日から4月3日まで。10時〜15時30分】
※ 拝観料 600円


宝鏡寺
075-451-1550
http://www.hokyoji.net/


流し雛(ながしびな)

流し雛(ながしびな) 下鴨神社
3月3日
■女児の健やかな成長を願う流し雛■
子供の災厄を小さな人形に託し、川に流して祓い清め、無病息災を祈るという、古来から続く風情ある行事です。流し雛は小さな桟俵(さんだわら)に雛を乗せたもので、それを境内の御手洗川に流し、子どもたちの無事を祈ります。

下鴨神社
075-781-0010
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/
京人形商工業協同組合
075-761-3460
http://www.kyo-ningyo.com/


ひいな祭

ひいな祭 市比賣神社
3月3日
■桃の節句に人びなたちが勢ぞろい■
3月3日の桃の節句、女の子のいる家庭では雛人形が飾られますが、市比賣神社のひな壇には、内裏雛や官女などに扮した「ひと雛」が勢ぞろい。五人囃子の雅楽に合わせ、三人官女の舞が披露されます。また、投扇興や双六など平安貴族の優雅な遊びも紹介されます。十二単の着付けの実演も行われるなど、雅な時代の文化を垣間見ることができます。
※ 料金2,000円(お守り・ひな茶接待付)

市比賣神社
075-361-2775
http://ichihime.net/


芸能上達祈願祭(げいのうじょうたつきがんさい)

芸能上達祈願祭(げいのうじょうたつきがんさい) 虚空蔵法輪寺
3月10日
■「虚空蔵菩薩」に芸の上達を祈願■
本尊の「虚空蔵さん」といえば、知恵授けで有名ですが、芸能・工芸の守護仏としても、昔から信仰をあつめています。この日は音楽や技芸、習い事などの上達を祈って、本堂で法要が営まれます。続いて行われる茂山社中による奉納狂言も見逃せません。本堂で演じられる狂言は、一味違った雰囲気で、楽しめます。

虚空蔵法輪寺
075-862-0013
http://www.kokuzohourinji.com/


涅槃会と嵯峨大念仏狂言とお松明式

涅槃会と嵯峨大念仏狂言とお松明式 清凉寺
3月15日
■嵯峨のお松明■
京都三大火祭りのひとつ。釈迦を荼毘に付した光景を表すと伝えられ、高さ約7mの大松明3基を境内で豪快に燃やす行事です。護摩木の火を移したワラ束を大松明に投げ入れると、一気に燃え上がります。昔から、近隣の人々は火勢の強弱で農作物の豊凶を占っているそうです。
【涅槃会法要は午後7時頃から、松明式おねりは8時頃。大松明点火は8時半頃。昼間には、境内の狂言堂で嵯峨大念仏狂言が演じられます。(午後3時半、5時、6時半の3回)。】
※ 拝観料 当日は無料(通常は400円)


清凉寺
075-861-0343
http://seiryoji.or.jp/


涅槃会(ねはんえ)

涅槃会(ねはんえ) 泉涌寺
3月14日〜16日
■目を奪われる日本最大の涅槃図■
3月15日は釈迦入滅の日であり、その前後3日間、入滅の光景を描いた涅槃図を仏殿に掲げて法要が営まれます。泉涌寺の涅槃図は日本最大といわれ、長さ16m、幅8m、重さ400kg。江戸中期の明誉古上人の作と伝えられています。年1回の涅槃図の公開を楽しみに、参拝に訪れる人も多いようです。涅槃会法要は15日10時〜と13時〜。
※ 拝観料 500円

泉涌寺
075-561-1551
http://www.mitera.org/


涅槃会法要(ねはんえほうよう)

涅槃会法要(ねはんえほうよう) 真如堂
3月15日
■春の最大の法要と涅槃図公開■
涅槃会は潅仏会(かんぶつえ)、成道会(じょうどうえ)とともに仏教における三大仏忌のひとつです。旧暦2月15日の釈迦入滅の日に、入滅の光景を描いた涅槃図を掲げて法要が営まれます。真如堂の有名な涅槃図は、縦6.2m、横4.5mもある大きな極彩色の絵で、127種類もの生物が涅槃像の回りに描かれています。江戸時代の宝永年間に僧厭求(えんぐ)や海北友賢(かいほうゆうけん)らが描いたものです。2011年に修復を終えた大涅槃図は、非常に色鮮やかです。涅槃図の開帳を楽しみに参拝する人も多くいます。
【「花供曽(はなくそ)あられ」の授与もあります。涅槃図公開は3月1日〜4月2日まで(受付:午前9時〜午後3時45分)。】
※ 拝観料 600円(菓子付)


真如堂
075-771-0915
http://shin-nyo-do.jp/


千本釈迦念仏(せんぼんしゃかねんぶつ)

千本釈迦念仏(せんぼんしゃかねんぶつ) 千本釈迦堂
3月22日
■心に届く声明の響き■
千本釈迦念仏とは「仏遺教経」を千本式の唱え方で営む念仏法要です。智積院から出仕した約50人の僧が集まり、声明から生まれた独特の古律による念仏を歌唱。本堂いっぱいに声明が、静かに響きます。声明とは僧によって唱えられる声楽で、平安時代に発達し、日本の音楽に大きな影響を与えたものです。
※ 本堂・霊宝殿拝観料 600円

千本釈迦堂
075-461-5973
http://www.daihoonji.com/


はねず踊り

はねず踊り 随心院
3月26日
■小野小町を偲ぶ愛らしい行事■
かつて小野の里には小野小町と深草少将の童唄を子どもたちが唄って家々を回るという風習がありました。それを復活させたのがはねず踊りです。遅咲きのはねず梅が咲き誇る梅園前の舞台で、薄紅色(はねず)の小袖を着た少女たちが、風流傘のまわりを童唄で踊ります。素朴でやさしい懐かしさを感じる春の行事です。
上演時刻:1100〜、1230〜、1330〜、1500(4)今年は、11001330の部では、京都瓜生山舞子連中による大蛇(オロチ)が演じられます。前日(25日)には奉納舞が舞われます。】
※ 拝観料 1,000円(通常は500円 / 梅園500円)

随心院
075-571-0025
http://www.zuishinin.or.jp/


 ▼ 今月のピックアップ!
~~歩いちゃいました!東山ぜいたくコース!~~
1月は「いぬ」という通り、早いものでもう2月です。
少しずつ春に近付いているのかな、とは言え、、
一番底冷えする時期でもありますね。
でも、冬至を境に、少しずつ、少しずつ
日が長くなっているのを感じます。

5回シリーズでお送りしています「歩いちゃいました!東山!」
最終回の今回は、「歩いちゃいました!東山ぜいたくコース!」。
 (参考:東山区役所発行「東山車いす観光散策マップ」)

海外からのお客様も「Oh!JAPAN!KYOTO!」と満足してくれる、
まさに「京都!!」というコースです。

「東山ぜいたくコース」是非、散策してみて下さい!
 
過去の掲載記事
歩いちゃいました!東山ぜいたくコース!(2017.2)
歩いちゃいました!東山緑の散歩道コース!(2017.1)
歩いちゃいました!京の伝統・清水焼コース!(2016.12)
歩いちゃいました!東山開運コース!(2016.11)
歩いちゃいました!東山・舞妓さんお気に入りコース!(2016.10)
歩いちゃいました!秋の京都(2016.9)
夏の風物詩〜鴨川納涼床〜(2016.8)
祇園祭〜「動く美術館」山鉾の懸装品〜(2016.7)
夏の風物詩・床へおこしやす!〜鴨川納涼床〜(2016.6)
今、梅小路が面白い!(2016.5)
歩いちゃいました!桜どころ(2016.4)
歩いちゃいました!梅どころ(2016.2)
歩いちゃいました!酒どころ・伏見(2016.1)
歩いちゃいました!kirakiraイルミの街!(2015.12)
満喫しちゃいました!空からの紅葉!(2015.11)
歩いちゃいました!時代祭コース!(2015.10)
日本酒でまったり、ほっこり!(2015.9)
》》バックナンバー
 
平安京Manager
あなたも平安京に情報を掲載してみませんか?

京都に関する企業・お店・寺社の方なら、どちらさまも無料で平安京にご登録いただけます!
初めてご利用の方はこちらから
ユーザーの方はこちらから
平安京MANAGERとは?
平安京メルマガ
京都がもっと好きなる!京都から発信・京都情報!
》》もっと詳しく  》》バックナンバー

購読無料。メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。
平安京掲示板
こっそり教えてあげたい京都穴場情報、生の京都情報へこだわるあなたの為の情報交換の場所です。
観光情報掲示板
タウン情報掲示板
フリートーク掲示板