京都の観光情報先取り! ■平安京■

 ▼ 2016年10月 

~ 歩いちゃいました!東山・舞妓さんお気に入りコース! ~

秋が深まってきました。
行楽の秋、京都の観光スポットがさらに賑わいを見せる季節です。
神社仏閣、おいしい京懐石やスイーツ、歴史のゆかりの地、
いろいろな探索の仕方がありますが、
今回から、5回シリーズで、
「東山、歩いちゃいました!」をお送りします。
(参考:東山区役所発行「東山車いす観光散策マップ」)

1回目は、
「歩いちゃいました!東山・舞妓さんお気に入りコース!」
京都と言えば舞妓さん、
お目当てとして上位にあげられる舞妓さんにスポットを当てて、
舞妓さんゆかりの地を歩いてみます。

特別編として、10月1日から初公開の
豪商・旧三井家下鴨別邸(重要文化財)の
公開情報をご紹介します。

古都京都を代表する文化 五花街
花見小路、その界隈
特別編 旧三井家下鴨別邸 この秋より初公開

古都京都を代表する文化 五花街

 

祇園甲部(ぎおんこうぶ)

●○古都京都を代表する文化 五花街○●
現在、京都には祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の5つの花街があり、これを総称して五花街(ごかがい)と呼んでいます。舞妓さんが技芸を磨き、日本の伝統文化が保存・継承され、日本の伝統文化の素晴らしさをここから国内外に発信しています。
東山には、五花街の内、祇園甲部、宮川町、祇園東があり独特の雰囲気があります。
≪おおきに財団(公財・京都伝統伎芸振興財団)≫
TEL:075-561-3901
URL:http://www.ookinizaidan.com/

宮川町(みやがわちょう)

しっとりとした街並みが美しい、鴨川の東側、四条通から五条通までの花街。江戸時代に出雲阿国の歌舞伎公演が行われ、芝居町や茶屋町として発展し現在に至ります。舞踊は若柳流。春に「京おどり」、秋に「みずゑ会」の公演を行います。
宮川筋の石畳と京町屋が連なる町並みは、京情緒を醸し出し、舞妓さんに会える街としても知られています。舞妓が日本舞踊や三味線や歌を習う東山女子学園に行きかう姿も見られます。


祇園東(ぎおんひがし)

もともと祇園甲部と同じく八坂神社の門前町として江戸時代から栄えてきた花街。明治14年に区分され、祇園甲部の北側エリアが「祇園東」となりました。舞踊は藤間流。秋に「祇園をどり」の公演を行います。


花見小路、その界隈

 

一力茶屋(祇園一力亭 ぎおんいちりきてい)

●○花見小路、その界隈○●
紅殻格子に犬矢来、軒下の赤い提灯など、お茶屋や料亭の京町屋のたたずまいと石畳が続く町並みは、昼夜を問わず、国の内外を問わず、常にたくさんの人を魅了しています。四条通以南はもともと建仁寺の領地でしたが、明治以降発展し、今日のような情緒ある町並みになりました。少し脇の道に足を踏み入れると、花見小路通ほど車の往来が少なく、静寂なたたずまいを醸し出しています。

建仁寺

建仁寺は臨済宗建仁寺派の大本山で、建仁2年に開創しました。開山は栄西禅師、開基は源頼家です。京都最古の禅寺です。俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松の襖絵など、数々の文化財を所蔵しています。小泉淳作画伯の筆による法堂の天井画「双龍図」は、平成14年(2002年)に建仁寺創建800年を記念したものです。畳108畳にも及ぶ壮大な水墨画です。
坐禅体験、写経体験もできます。


マールブランシュ 加加阿(カカオ)365祇園店

「茶の菓」で有名なマールブランシュが手掛けるチョコレートのお店。自然に寄り添い、四季の歳時とともに暮らす京都には、「日々是好日」という毎日をていねいに暮らす文化があります。そして「おいしい」を五感で味わう豊かさを知っています。一年365日全てを京都の流儀で楽しむ「加加阿のある暮らし」。京都の風物詩にちなんだ365種類の紋入りチョコレートを日替わりで楽しめます。

ライカ京都店

ライカ。それは、ドイツ最高の光学技術と、独特な写真文化の代名詞です。
ライカ京都店は、伝統と格式のある町・祇園に構えるライカのフラッグシップ店です。築100年の2階建て町屋建築を、当時の構造をそのままに梁や柱など使える木材を活かして匠の技で再生させ、そこにライカの世界観をマリアージュさせた、これまでにないユニークなライカストアです。日本伝統の雰囲気を醸し出す店内に、ライカの現行製品をフルラインアップで取り揃え、ゆったりとした雰囲気の中、存分に製品をご覧いただけます。また、2階には世界的に著名な写真家の作品を展示するギャラリーも設け、総合的にライカの世界観をじゅうぶんにご覧いただけます。


何必館(かひつかん)・京都現代美術館

八坂神社近く・祇園四条通りの北側にある、近・現代作品を中心に展覧会を開催している美術館。
「何必館」の名称は「何ぞ必ずしも」と定説を常に疑う自由な精神を持ち続けたい、という願いから名づけられたもので、作品も多くがその考えに基づいて収集されています。北大路魯山人、村上華岳、山口薫の三人の作品を中心に、他には日本画・洋画・工芸(陶芸、染織など)・写真・書など国内外の幅広いジャンルの作品を収蔵・展示しています。
---------------------------------------------------------------
【昭和という時代 木村伊兵衛 展】 開催中
木村伊兵衛は日本における近代写真の第一人者です。ライカのコンパクトで軽快な性能を生かし、それまで主流だった絵画的な表現から、動的印象を捉えるスナップ写真という新しい表現方法を開拓しました。下町の暮らしや、沖縄や秋田など地方に赴き、農村の暮らしを撮影し、土地の人々との交流の中で捉えた一瞬のしぐさや表情、その息使いさえも伝わってくるような作品は、被写体の内側を自然に引き出す木村の優れた写真眼を感じ取ることができます。

開催期間:2016年9月3日(土)〜10月30日(日)
※10/10は開館


特別編 旧三井家下鴨別邸 この秋より初公開

 

旧三井家下鴨別邸 この秋より初公開

下鴨神社南に位置する重要文化財、豪商・旧三井家下鴨別邸を10月1日より一般公開します。
木立に包まれて立つ旧三井家下鴨別邸は、大正14年に三井家の木屋町別邸にあった明治期の主屋を移築し、玄関棟などを増築して完成しました。
「主屋」は3階に見晴らしの良い望楼を持つ開放的な造り、また、「玄関棟」は書院造を基調としながら椅子座敷で天井を高くするなど、近代的な趣です。「茶室」は四畳半の広間と一畳台目の小間からなり、梅鉢型の窓と円窓を開けた風情ある建物です。(茶室は非公開)
明治から大正期までに整えられた大規模別邸の屋敷構えが良く保存されており、高い歴史的価値を有していることから、平成23年に重要文化財に指定され、今回、初公開となります。
また、主屋および茶室の貸し出しを行なっていますので、茶会、華道、句会などの会場としてご利用いただけます。
※利用料金などはこちら:https://www.kyokanko.or.jp/mitsuike/


 ▼ 過去の掲載記事
2019年幸せになりたい人へ!(2018.12)
クリスマスイルミネーション(2018.11)
京都の五重塔(2018.10)
乗り物でめぐる折々の京都(2018.9)
開館20周年記念展U 細見コレクションの江戸絵画 「琳派展20 抱一の花・其一の鳥」(2018.3)
ボルダリングが面白い!(2017.7)
お茶を楽しむ(2017.5)
京の桜ときもの(2017.4)
今、「きもの」が面白い!(2017.3)
歩いちゃいました!東山ぜいたくコース!(2017.2)
歩いちゃいました!東山緑の散歩道コース!(2017.1)
歩いちゃいました!京の伝統・清水焼コース!(2016.12)
歩いちゃいました!東山開運コース!(2016.11)
歩いちゃいました!東山・舞妓さんお気に入りコース!(2016.10)
歩いちゃいました!秋の京都(2016.9)
夏の風物詩〜鴨川納涼床〜(2016.8)
祇園祭〜「動く美術館」山鉾の懸装品〜(2016.7)
夏の風物詩・床へおこしやす!〜鴨川納涼床〜(2016.6)
今、梅小路が面白い!(2016.5)
歩いちゃいました!桜どころ(2016.4)
歩いちゃいました!梅どころ(2016.2)
歩いちゃいました!酒どころ・伏見(2016.1)
歩いちゃいました!kirakiraイルミの街!(2015.12)
満喫しちゃいました!空からの紅葉!(2015.11)
歩いちゃいました!時代祭コース!(2015.10)
日本酒でまったり、ほっこり!(2015.9)
》》バックナンバー
 ▼ トピックス
 
平安京Manager
あなたも平安京に情報を掲載してみませんか?

京都に関する企業・お店・寺社の方なら、どちらさまも無料で平安京にご登録いただけます!
初めてご利用の方はこちらから
ユーザーの方はこちらから
平安京MANAGERとは?
平安京掲示板
こっそり教えてあげたい京都穴場情報、生の京都情報へこだわるあなたの為の情報交換の場所です。
観光情報掲示板
タウン情報掲示板
フリートーク掲示板