京都の観光情報先取り! ■平安京■

このサイトについて

 ▼ 2016年4月 

~ 歩いちゃいました!桜どころ ~

ん〜、気持ちいい春です!
春爛漫とはこんなことを言うのでしょうね。

桜が満開で、思わず足を止めて、
眺めてしまいます。見事だなあ、と。
雪柳が真っ白で、
花壇のパンジーや他の花々が色とりどりで、
春の景色は、心が弾んで来ます。

新しいことを始めるいい季節です。
外に飛び出してみましょう!

京都の桜どころ、
桜に関するイベントをご紹介します!

歩いちゃいました!桜どころ

歩いちゃいました!桜どころ

 

平安神宮 観桜茶会

ポッと空が紅くなる…と、小説「細雪」にも賛えられた八重紅枝垂桜が見頃になる時期に合わせて、お茶席が開催されます。

二条城 観桜茶会

元離宮二条城では、毎年恒例の「二条城観桜茶会」を開催します。二条城内の清流園で、表千家によるお茶席を設けます。桜の花びらが舞う中、春の二条城でお茶席を満喫して下さい。


石清水八幡宮 男山桜まつり

男山一帯は、平安時代から桜の名所として知られ、見ごろになると山全体や麓を流れる木津川の背割堤などで桜花が咲き誇り、淡いピンクと新緑の美しいコントラストを楽しむことができます。山上境内も桜色に包まれますが、とくに神苑の枝垂れ桜の老木は圧巻です。「男山桜まつり」では舞楽・演武・茶会・野点など様々な催しが行われます。

醍醐寺 豊太閤花見行列

平安時代から「花の醍醐」と呼ばれるほどの桜の名所です。この時期、世界文化遺産の境内を背景に枝垂れ桜、染井吉野、山桜、八重桜など数多くの桜が順番に咲き誇ります。豊臣秀吉が行った歴史上有名な花見といえば、「醍醐の花見」。慶長3年春、秀吉は花見に際して畿内から700本の桜を植え、三宝院の建物と庭園を造り、盛大な宴を開きました。息子・秀頼や正室・北政所(きたのまんどころ)、側室の淀、三の丸など女房衆1300人余りが参加したといわれています。この故事にならって、太閤秀吉観桜の様子を再現した行列が三宝院唐門を出て境内を練り歩きます(雨天決行)。醍醐桜会は4月1日から21日まで。


東寺 夜桜ライトアップ〜不二桜に祈りをこめて〜

五重塔を背景に咲く八重枝垂桜は、東北盛岡生まれ。「不二桜」と名付けられ、近年新たに植樹されました。前へ前へと歩み続ける東北に向けて祈りをこめ、一緒に愛でたいと思います。高さ日本一の五重塔、密教美術の宝庫である金堂、講堂が温かい光に照らされます。(金堂、講堂などは外側からの拝観となります。)

二条城ライトアップ2016

城内一円の山桜、桜の園の里桜、清流園東側の八重紅枝垂桜など約200本の多彩な桜と庭園がライトアップされます。また、琴演奏など京都の伝統文化を伝える特別イベントが城内を華やかに彩ります。春の夜に浮かび上がる世界遺産・二条城のもう一つの姿をご覧ください。


将軍塚 青龍殿 春のライトアップ

将軍塚 青龍殿は、さくらと紅葉の名所です。美しいさくらの咲き誇るライトアップと、市内を眼下に夜景が同時に満喫できます。

円山公園ライトアップ

京都随一の桜の名所。「清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき」と歌人与謝野晶子も愛でた夜桜の名所でもあります。しだれ桜の廻りのかがり火は桜の見ごろに合わせて焚かれます。


平野神社の桜ライトアップ・桜コンサート

桜は生命力を高める象徴として、平野神社では平安時代より植樹され、現在では約60種400本あります。平安期に、貴族たちは長い期間様々な桜を楽しみ、江戸時代になると庶民にも夜桜が開放され、「平野の夜桜」は都を代表する花見の名所となりました。中でも、魁(さきがけ)桜は平野神社発祥の桜で早咲きの品種であることから、この桜が咲き出すと都のお花見が始まると言われています。
また、ピアノ、フルート、ハープ、ヴァイオリンなどの桜コンサートも開催します。(午後2時、午後7時から拝殿にて奉奏・鑑賞無料)

清水寺 夜の特別拝観

観音さまの慈悲の光のもと、幻想的な雰囲気のなか拝観できます。清水寺から夜空に向かって放たれる青い一筋の光は、観音さまの慈悲の心を表したもので、京都市街からも美しい光景が望めます。春の宵ならではの世界遺産の建築美と夜桜の競演をお楽しみ下さい。


京都府立植物園 桜ライトアップ

ソメイヨシノ、ヤマザクラ、エドヒガンにヤエベニシダレなど、約130品種450本の桜が咲き競います。

妙心寺退蔵院 春の特別拝観

約1千坪に及ぶ退蔵院の池泉回遊式庭園「余香苑」では、庭園の花の見頃に合わせ、年に3回、期間・人数限定で特別な花見会を開催しています。春は紅枝垂れ桜、約50年前「余香苑」の完成時に植えられ、平安神宮の孫桜にあたり、例年4月10日ごろに見頃を迎えます。見事な桜のシャワーと石庭のコントラストをお楽しみ下さい。
また、庭園鑑賞だけではなく、ミシュラン星付き「阿じろ」の精進料理つき特別拝観プランご参加のお客様には、通常非公開の退蔵院方丈
内、枯山水庭園「元信の庭」をガイド付きでご見学いただけます。
--------------------------------------------------------------
期 間:2016年4月1日(金)〜4月17日(日)
拝観時間:午前9時〜午後5時
場 所:退蔵院 (臨済宗妙心寺派総本山 妙心寺塔頭) …京都市右京区花園妙心寺町35
拝観料:500円
≪お問い合わせ:妙心寺 退蔵院≫
TEL:075-463-2855  
URL:http://www.taizoin.com/


平安神宮 紅しだれコンサート 2016

京都の春を彩る風物詩「平安神宮 紅しだれコンサート 2016」。南神苑と東神苑の紅しだれ桜のライトアップと、東神苑貴賓館をステージに演奏される癒やしの音楽を楽しんでいただきます。会場には客席を設けず、ライトアップされた神苑を散策しながら、東神苑・栖鳳池のほとりでしばらくの間、音楽に耳を傾けていただくコンサートです。


京都のホームページなら、当スタッフが一番良く知っていますよ!
”平安京メールマガジン”毎月月末、好評配信中!!
いつでも簡単登録・解除OK! 毎月読者の中から抽選で「京土産」プレゼント!
登録
あなたのメールアドレスを入力し「登録」ボタンを押してください。
電子メールアドレス(半角):
※配信システムは、『まぐまぐ』等を利用しています。 まぐまぐ
京都と花の四季
京都の年間行事
京都の歳時記
寺社仏閣ガイド
 ▼ 過去の掲載記事
ボルダリングが面白い!(2017.7)
お茶を楽しむ(2017.5)
京の桜ときもの(2017.4)
今、「きもの」が面白い!(2017.3)
歩いちゃいました!東山ぜいたくコース!(2017.2)
歩いちゃいました!東山緑の散歩道コース!(2017.1)
歩いちゃいました!京の伝統・清水焼コース!(2016.12)
歩いちゃいました!東山開運コース!(2016.11)
歩いちゃいました!秋の京都(2016.9)
夏の風物詩〜鴨川納涼床〜(2016.8)
祇園祭〜「動く美術館」山鉾の懸装品〜(2016.7)
夏の風物詩・床へおこしやす!〜鴨川納涼床〜(2016.6)
今、梅小路が面白い!(2016.5)
歩いちゃいました!桜どころ(2016.4)
歩いちゃいました!梅どころ(2016.2)
歩いちゃいました!酒どころ・伏見(2016.1)
歩いちゃいました!kirakiraイルミの街!(2015.12)
満喫しちゃいました!空からの紅葉!(2015.11)
歩いちゃいました!時代祭コース!(2015.10)
日本酒でまったり、ほっこり!(2015.9)
》》バックナンバー
 ▼ トピックス
第20回 京都国際学生映画祭
[2017年11月25日(土)~12月1日(金)]

妙心寺 退蔵院 秋のお食事付き特別拝観
[2017年11月18日(土)~12月3日(日)]

霊鑑寺 秋の特別公開
[2017年11月18日(土)~12月3日(日)]

龍馬祭
[2017年11月15日(水)]

龍馬よさこい17
[2017年11月11日(土)~12日(日)]

金戒光明寺 秋の特別公開
[2017年11月10日(金)~12月3日(日)]

第32回・龍馬追悼展
[2017年11月8日(水)~30日(木)]

KYOTO NIPPON FESTIVAL
[2017年11月8日(水)~12月3日(日)]

2017年秋の特別展 大政奉還150周年記念 「龍馬と西郷隆盛」
[2017年11月8日(水)~12月24日(日)]

有元利夫展−物語をつむぐ
[2017年10月1日(日)~12月10日(日)]

伏見 十石舟・三十石船
[2017年5月2日(火)~12月3日(日)]

 
平安京Manager
あなたも平安京に情報を掲載してみませんか?

京都に関する企業・お店・寺社の方なら、どちらさまも無料で平安京にご登録いただけます!
初めてご利用の方はこちらから
ユーザーの方はこちらから
平安京MANAGERとは?
平安京メルマガ
京都がもっと好きなる!京都から発信・京都情報!
》》もっと詳しく  》》バックナンバー

購読無料。メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。
平安京掲示板
こっそり教えてあげたい京都穴場情報、生の京都情報へこだわるあなたの為の情報交換の場所です。
観光情報掲示板
タウン情報掲示板
フリートーク掲示板