京都の観光情報先取り! ■平安京■

このサイトについて

 トピックス 》》トピックス一覧

葵祭

●葵祭の歴史や成り立ち
--------------------------------------------------------------
賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭で、
平安中期の貴族の間では、
単に「祭り」と言えば葵祭のことをさしたほどで、
「源氏物語」や「枕草子」にも登場しています。
今から約1400年前の欽明天皇の頃に、
国内は風雨がはげしく、五穀が実らなかったので、
祭礼を行い、馬には鈴をかけ、
人は猪頭(ししがしら)をかぶって駆競(かけくらべ)をしたところ、
風雨はおさまり、五穀は豊かに実って国民も安泰になったといいます。
葵祭と呼ばれるようになったのは、
当日の内裏宸殿の御簾をはじめ、牛車(御所車)、
勅使、供奉者の衣冠、牛馬にいたるまで、
すべて葵の葉で飾るようになったことに由来します。
王朝風俗の伝統が残されている数少ない祭で、
祇園祭、時代祭とともに京の三大祭に数えられています。

●祭の見どころ
--------------------------------------------------------------
現在は路頭の儀(行列)と社頭の儀(行列が下鴨・上賀茂両社に
到着した際、それぞれの社頭で行われる儀式)がおこなわれています。
路頭の儀は、勅使代を中心にした本列、
女人列(にょにんれつ)といわれる斎王代列に大きく分かれ、
勅使(ちょくし)をはじめ検非違使(けびいし)、
内蔵使(くらづかい)、山城使(やましろつかい)、
牛車(ぎっしゃ)、風流傘(ふりゅうがさ)、斎王代(さいおうだい)など、
平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発します。
総勢500余名、馬36頭、牛4頭、牛車2基、輿1台の風雅な王朝行列が、
遠く東山や北山の峰々を眺望しながら下鴨神社へ、
さらに上賀茂神社へ約8キロ道のりを巡行します。
社頭の儀は、下鴨・上賀茂両社の社頭で行列が到着した際行われ、
勅使が御祭文を奏上し御幣物を奉納します。
平安調を偲ばせるみやびな雰囲気のなかで、
神馬の引き回し、舞人による「あずまあそび」の舞が奉納されます。

●行列コースと時間
--------------------------------------------------------------
京都御所 出発(午前10時30分)堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通 →
下鴨神社到着(11:40)
出発(14:20)→下鴨本通 → 洛北高校前(14:40) → 北大路通 →
北大路橋(14:55) → 賀茂川堤 → 上賀茂神社到着(15:30)

●有料観覧席
--------------------------------------------------------------
葵祭行列の見学には、京都御苑と下鴨神社参道に設けられる
有料観覧席のご利用をおすすめします。
--------------------------------------------------------------
日 時:2017年5月15日(月)(雨天順延・当日早朝判断) 
場 所:京都御苑(建礼門前南側) 午前10時30分頃
            下鴨神社参道 午前11時40分頃
料 金:1席 2,050円 (全席指定・パンフレット付)
             英語解説付き観覧席(京都御苑観覧席のみ)1席 3,500円
             (全席指定・イヤホンガイド貸出料込・パンフレット付)
販売場所:全国のローソン・ミニストップ、
                  JTB、近畿日本ツーリストの主な支店、営業所など
※ 英語解説付き観覧席の販売箇所はHPでご確認ください。
≪お問い合わせ:京都市観光協会≫
TEL:075-213-1717(9時〜17時)
URL:http://www.kyokanko.or.jp/aoi/



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
その他の詳しい情報はメルマガにて配信中です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

葵祭  [2017年5月15日(月)]
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017  [2017年5月2日(火)~14日(日)]
伏見 十石舟・三十石船  [2017年5月2日(火)~12月3日(日)]
岡崎わかば回廊十石舟めぐり  [2017年5月2日(火)~7日(日)]
高雄の川床  [2017年5月2日(火)]
貴船の川床  [2017年5月1日(月)~9月30日(土)]
鴨川納涼床  [2017年5月1日(月)~9月30日(土)]
葵祭の前儀  [2017年5月1日(月)~12日(金)]
壬生狂言  [2017年4月29日(土)~5月5日(金)]
しょうざん渓涼床  [2017年4月28日(金)~10月1日(日)]
春の大原女まつり  [2017年4月28日(金)~5月15日(月)]
―ダビンチ・ゴッホ・若冲― 世界の名画に絞りで挑戦  [2017年1月5日(木)~5月7日(日)]
京都と花の四季
京都の年間行事
京都の歳時記
寺社仏閣ガイド
 ▼ 今月のピックアップ!
~~お茶を楽しむ~~
風がさわやかな季節になりました。
街路樹も、その先に見える山も
新緑に覆われて、きれいな緑です。

京都はお茶の産地としても有名ですね。
宇治界隈では、きれいに列を揃えた茶畑が
広がっています。
そろそろ一番茶が摘まれ、出回る頃ですね。
ん〜〜、新茶は香りと言い、味と言い、
最高です。日本人に生まれてよかったぁ!

5月はお茶を楽しもうと思います!
 
過去の掲載記事
お茶を楽しむ(2017.5)
京の桜ときもの(2017.4)
今、「きもの」が面白い!(2017.3)
歩いちゃいました!東山ぜいたくコース!(2017.2)
歩いちゃいました!東山緑の散歩道コース!(2017.1)
歩いちゃいました!京の伝統・清水焼コース!(2016.12)
歩いちゃいました!東山開運コース!(2016.11)
歩いちゃいました!東山・舞妓さんお気に入りコース!(2016.10)
歩いちゃいました!秋の京都(2016.9)
夏の風物詩〜鴨川納涼床〜(2016.8)
祇園祭〜「動く美術館」山鉾の懸装品〜(2016.7)
夏の風物詩・床へおこしやす!〜鴨川納涼床〜(2016.6)
今、梅小路が面白い!(2016.5)
歩いちゃいました!桜どころ(2016.4)
歩いちゃいました!梅どころ(2016.2)
歩いちゃいました!酒どころ・伏見(2016.1)
歩いちゃいました!kirakiraイルミの街!(2015.12)
満喫しちゃいました!空からの紅葉!(2015.11)
歩いちゃいました!時代祭コース!(2015.10)
日本酒でまったり、ほっこり!(2015.9)
》》バックナンバー
 
平安京Manager
あなたも平安京に情報を掲載してみませんか?

京都に関する企業・お店・寺社の方なら、どちらさまも無料で平安京にご登録いただけます!
初めてご利用の方はこちらから
ユーザーの方はこちらから
平安京MANAGERとは?
平安京メルマガ
京都がもっと好きなる!京都から発信・京都情報!
》》もっと詳しく  》》バックナンバー

購読無料。メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。
平安京掲示板
こっそり教えてあげたい京都穴場情報、生の京都情報へこだわるあなたの為の情報交換の場所です。
観光情報掲示板
タウン情報掲示板
フリートーク掲示板