マリを扱うスポーツ全般の守護神「精大明神」を地主社とする

■ □ ■ 御 鎮 座 地 ■ □ ■

時は幕末動乱の日々、孝明天皇は幕府に命じて「崇徳天皇」のご神威を仰がれようとされましたが、間もなく崩御。
父帝のあとを継がれた明治天皇は、維新の礎を固めるために父帝のご意志を尊ばれて、社殿を造営して四国坂出の御陵よりご神霊をお迎えになりました。
続いて淡路島の御陵より「淳仁天皇」のご神霊をお迎えになりました。
この地は、代々、鞠と和歌の宗家である公家飛鳥井氏の邸地で、「精大明神」が祀られており、御所にほど近く、樹齢数百年の霊木たる小賀玉の木のもと、飛鳥井の井から清水が湧き、百万都市京都のオアシスともなっています。



  総合案内
お守り・ご祈祷
サッカー掲示板
サッカー情報
平安京