證安院  
證安院のご紹介 SHOAN'IN


名号石名号石

嵯峨野巡りの土産物の店の並ぶ中、白壁の土塀に囲まれた證安院は昔から「さつき寺」として有名である。山門の正面に誓阿上人の『南無阿弥陀佛』の名号石、本堂には雲に乗った来迎阿弥陀仏三尊仏をまつる。浄土宗京都教区嵯峨組寺院27カ寺のひとつでもあり、観音様は洛西三十三カ所の第十六番札所になっている。寺宝として、お釈迦さまの涅槃図、浄土宗の名僧、山崎弁栄聖者筆の『無上尊』の額などがある。



本堂 二尊院やc王寺を越えて、化野念仏寺に向かう道すがらに證安院はあります。小倉山のすそ野に竹林や田畑が広がるこのあたりは、昔はうっそうとした竹藪ばかり。昼間でも薄暗くて、ちょっと恐ろしいような場所でしたが、今では休日ともなると嵯峨野めぐりを楽しむ若者や、観光客で、さながらメインストリートのような賑わいをみせます。
 證安院の門を入った正面に『南無阿弥陀佛』と彫られた名号石が建っています。地中に埋もれていたのを掘り起こして建立したもので、御名号は誓阿上人の書かれたものです。
 この名号石をとり囲むように、庭にはたくさんのさつきが植えられています。以前は軒先までとどきそうな大さつきがあったので「さつき寺」とも呼ばれていました。残念ながらその大さつきは終戦後枯れてしまいました、そのさつきで大きな茶氓作り残してあります。東本願寺のふすま絵にも、この大さつきを描いたものがあるそうです。
 当院では、今年の春うっそうと繁っていた竹藪を開墾し、檀家から寄贈された数百株のさつきで庭園を作り、明るい雰囲気のお寺に変わりました。さつき寺と呼ばれていた昔に負けない庭ができました。花の咲く頃、ぜひ1度お越しください。

来迎阿弥陀仏三尊仏
来迎阿弥陀仏三尊仏 
戻る
山崎弁栄聖者筆の『無上尊』
山崎弁栄聖者筆の『無上尊』 
戻る
 

[ TOPに戻る ] [ 證安院のご紹介 ] [ 交通のご案内 ] [ 洛西三十三カ所詣りのいわれ ]