京都の観光情報先取り! ■平安京■

このサイトについて

平安京ラジオ


BUTTON 第10回  京都を旅する  〜新撰組・後編〜

今回は、激動の幕末を駆け抜けた「新撰組」をテーマに京都をめぐります。
後編では、新撰組と因縁の深い、坂本龍馬〔さかもとりょうま〕ゆかりの場所をご案内します。

1866年、薩長同盟が成立した翌年の6月に坂本龍馬は京都に入り、
材木商「酢屋〔すや〕」を自ら結成した「海援隊〔かいえんたい〕」の屯所〔とんじょ〕とします。
現在も「酢屋」は木工芸を販売するお店としてそこにあり、2階はギャラリーになっています。
店の前の「龍馬通〔りょうまどおり〕」は、深夜までネオンが点り、若者たちでにぎわう界隈で、
別名「親不孝通《おやふこうどおり》」とも呼ばれています。

10月、かねてより龍馬が提案していた「大政奉還〔たいせいほうかん〕」が決定。
血を見ることなく、政権が朝廷に返還されました。

11月、酢屋から近江屋〔おうみや〕に移りますが、その10日後、「近江屋事件」が起こります。
近江屋の2階で、同志の中岡慎太郎〔なかおかしんたろう〕とともに惨殺されました。
喜びもつかの間の、あっけない最期でした。
くしくも事件のあった11月15日は、龍馬の誕生日でもあります。

ところで龍馬らを暗殺したのは、誰でしょう?
当初、新撰組だと思われていましたが、じつは「見廻組〔みまわりぐみ〕」の犯行であったことが明治維新後、わかります。
でも、新撰組の日頃の行いを考えると、疑われても仕方がなかったのかも。

近江屋も、中岡慎太郎の住居跡も、今はなく、石碑だけがあります。


坂本龍馬にゆかりの地としてはずせない場所に、伏見があります。

当時の伏見は伏見の港が三十石船〔さんじっこくぶね〕や高瀬舟がひしめき合う、にぎやかな城下町でした。
三十石船には、坂本龍馬も乗ったという話が残されています。
船で往来する人たちのために、船宿も界隈に軒を並べており、その中に「寺田屋」もありました。

旅館「寺田屋」は坂本龍馬とお竜のロマンスの場所であり、また、「寺田屋騒動」の舞台として有名なお店です。

新撰組が京に入る約1年前に「寺田屋騒動」は起きました。
薩摩藩の内部でいざこざが起こり、定宿《じょうやど》にしていた「寺田屋」で20数名による大乱闘が繰り広げられます。
多数の死傷者を出し、宿の床は血の海となりましたが、薩摩藩が「藩の恥」として、職人をかき集め、すぐに元通りに直してしまいました。
なので、同志打ちによるこの騒ぎの跡を、龍馬は目にすることはなかったようです。

現在「寺田屋」は、旅館は休業していますが、有料で内部が見学できます。
寺田屋正面には龍馬の像があり、2階の床の間には肖像画の掛け軸がかけられています。
これをもとに京都・円山公園の銅像は作られたそうです。

「寺田屋騒動」から4年後の1月、龍馬が寺田屋の2階でくつろいでいるところを、
伏見奉行所の捕吏〔ほり〕に取り囲まれてしまいます。
入浴中のお竜が、裸のまま裏階段を駆け上がり、急を知らせたため、龍馬は難を逃れることができました。

伏見は酒処《さけどころ》としても有名です。
新撰組と、龍馬の波乱に満ちた生涯に思いをはせながら、日本酒をいただくのもいいかも知れません。

【新撰組めぐりの心得】------------------------------------------------------------------
◎見学できる施設の中には、不定休のところもあります。
 あらかじめ予約を取っておくか、開館日時をチェック・お問い合わせの上、おいでください。

◎新撰組のお墓等史跡は、住居として住んでおられるところもあります。
お墓参りの際、住んでいる方の迷惑にならないよう、挨拶をしてからお参りしましょう。

◎飲食物などのお供物は、置きざりにするとかえってゴミになります。各自持ち帰るようにしましょう。
-------------------------------------------------------------------------------------------------




▼バックナンバー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

BUTTONこのボタンをクリックすると、音声が流れます。 Real Player
  音声ファイルを再生するには、RealPlayerが必要です。

BUTTON 第9回  京都を旅する 〜新撰組・前編〜
BUTTON 第8回 京都を旅する 〜空海=弘法大師・後編〜
BUTTON 第7回 京都を旅する 〜空海=弘法大師・前編〜
BUTTON 第6回 京都を旅する 〜紫式部・後編〜
BUTTON 第5回 京都を旅する 〜紫式部・前編〜
BUTTON 第4回 京都を旅する 〜豊臣秀吉・後編〜
BUTTON 第3回 京都を旅する 〜豊臣秀吉・前編〜
BUTTON 第2回 京都を旅する 〜宮本武蔵・後編〜
BUTTON 第1回 京都を旅する 〜宮本武蔵・前編〜


 
BUTTON 第13回 おけら参り
BUTTON 第12回 亥子祭( いのこさい )
BUTTON 第11回 鞍馬の火祭
BUTTON 第10回 重陽の節会
BUTTON 第 9回 五山の送り火
BUTTON 第 8回 祇園祭
BUTTON 第 7回 水無月
BUTTON 第 6回 葵 祭
BUTTON 第 5回 やすらい祭
BUTTON 第 4回 雛 祭
BUTTON 第 3回 追儺(ついな)
BUTTON 第 2回 平安京のお正月
BUTTON 第 1回 京都の変わった地名
花紫のむらさき草子 第1回〜11回 ↓

BUTTON 第11回 太秦は日本のハリウッド
BUTTON 第10回 鶯宿梅
BUTTON 第9回 〜 七草粥 〜
BUTTON 第8回 次の千年紀へ向けて
BUTTON 第7回 京都の冬の味 〜千枚漬け〜
BUTTON 第6回 三条大橋はつぎはぎだらけ
BUTTON 第5回 魔界のお社で恋占い
BUTTON 第4回 送り火にまつわるエトセトラ
BUTTON 第3回 祇園祭とちまき
BUTTON 第2回 徳子の発明品 〜〜しば漬〜〜
BUTTON 第1回 みたらし団子を召し上がれ