京都の観光情報先取り! ■平安京■


観光情報掲示板タウン情報掲示板フリートーク掲示板


「細見古香庵生誕120年記念 美の境地」 会期:2021年8月24日(火)〜10月17日(日) 
投稿者: m | メールアドレス:非公開 |投稿日:2021/07/02(金) |返信:件
「細見古香庵生誕120年記念 美の境地」 会期:2021年8月24日(火)〜10月17日(日) 

タイトル:「細見古香庵生誕120年記念 美の境地」 会期:2021年8月24日(火)〜10月17日(日) 
投稿者:m メールアドレス:kyo-mkun@inet.ne.jp
毛織物業で財を成し、細見コレクションの礎を築いた初代細見古香庵こと細見良(1901-1979)。

 熱き想いをもって蒐集した美術品は宗教絵画や和鏡・密教法具などの金工品、茶の湯釜、根来、七宝、土器などと多岐にわたります。古香庵はこうした蒐集品を茶会やもてなしの場で活用し、独自の境地を展開してきました。その精神は二代古香庵や当館の展示スタイルにも大きな影響を与えています。

 本展では初代の生誕120年を記念して、「世界最高の美術品は日本の藤原時代の仏画である」という信念のもとで出会った平安時代の「重要文化財 愛染明王像」などの仏教絵画や、強い憧れを抱いていた豊臣秀吉を描く「重要文化財 豊公吉野花見図屛風」、研究にもいそしんだ茶の湯釜など、興味の赴くまま、己の美意識を信じて、生涯をかけて追い求めた蒐集品を厳選して紹介します。
展覧会名称:細見古香庵生誕120年記念 美の境地
会期:2021年8月24日(火)〜10月17日(日)
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
入館料:一般 1,300円 学生 1,000円 
主催:細見美術館 京都新聞
会場:細見美術館 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 http://www.emuseum.or.jp
削除用パスワード:sakujyo

この記事に対する返信はありません。
この記事に返信する
全ての項目を入力し、送信ボタンをクリックしてください。
投稿者: メールアドレス: 公開する

削除用パスワード:
※入力いただいたメールアドレスは『公開する』チェックを付けると閲覧者に公開されます。
■ご注意■
・半角カナは使用できません。お使いになられた場合、全角カナに変換して表示します。
・他人を非難中傷する内容や公序秩序に反する書き込みは禁止させていただきます。
・アダルトページの宣伝等もお断りさせていただきます。
・投稿内容が不適切な場合は、平安京事務局側で削除させて頂く場合も有りますので、ご了承ください。